<< Brand-new! | main | 28 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

Daily reading



お気に入りの本たち


はらぺこあおむし

言わずとしれた名作ですが、
私が初めて読んだのは息子が生まれてから。
うちにあるのは英語版で、息子が5ヶ月くらいの頃から読み聞かせてた
電車やバスの中でグズっても、
このお話を暗唱してあげるとご機嫌になるくらいお気に入りだった


ぐりとぐら

おそらく息子が1番好きな絵本
昔も今も。
絵本持っておいでーと言うと
両手両脇に抱えた絵本の中に必ずといっていいほど入ってる
大きなたまごを一緒にコンコンと叩いたり
「それはいいかんがえだ!」って 一緒に手をポン!としてみたり。
息子が初めに暗記したのもこの本


しろくまちゃんのほっとけーき

ブルーナのような色使いと絵のタッチが可愛い絵本
でもブルーナより好き
(うさこちゃんシリーズはあの独特な
日本語訳が苦手で持ってないのです…)
ユニークな音で表現されたほっとけーきの焼き上がる工程を
いつも目をキラキラさせて見ています

実は、しろくまちゃんてサブキャラらしい 驚き!


邦題は
どれだけきみをすきだかあててごらん

大きなウサギと小さなウサギが
お互いをどれだけ好きか
全身を使って競い合ってるかわいいお話

わたしは大好きな本なんだけど、
息子はそんなでもないみたい 笑


こぶたくん

初めて親知らずを抜く日、
歯医者さんの待合室で読んで
早くこどもたちに会いたくなった思い出の本…笑

読み終わったあとは
とってもほっこりにっこり
こぶたくんと妹のアマンダのやりとりがうちの子豚ちゃんたちと重なって
ついつい買わずにいられず

ママを優しく慰めてくれるポテトちゃんの話、雨の日に焼くクッキーの話が好き


ちょっとだけ

突然あかちゃんがやってきて
突然お姉ちゃんになった女の子のお話

娘を出産して入院中に、
うちに寝泊まりして息子の面倒をみてくれてたお義母さんが買ってくれた絵本

産後、よく読んでとせがまれて
息子と娘の名前に変えて読んであげるとすごく喜んでた

この本を読むことで
小さい体で 自分の周りの大きな変化を一生懸命受け止めようとしてるのがすごく伝わって
読みながらよく泣きそうになった

読み終わったあと必ず息子をぎゅーっと抱きしめたくなる


ほんの一部だけど
絵本一つとっても思い出がいっぱい
どれも絶対に捨てられないなぁ



////////////

お次はこれから欲しい本


ラチとライオン

弱虫な男の子がライオンと出会って強くなっていくお話

これは3歳の誕生日にプレゼントしたい本


パパ おつきさまとって

最近パパっ子になってきた息子へ
これも3歳の誕生日プレゼント候補

はらぺこあおむしと同じ、エリックカールの絵本
もちろん楽しい仕掛け付き!


おつきさま こんばんは

これは娘に。
娘にもいっぱい絵本読んであげたいな!
ついついおもちゃや絵本も息子のおさがりばかりになりがちなので…
ごめんよー

at 00:00, marumecco, book

comments(0), -, - -

スポンサーサイト

at 00:00, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment